おまとめローンの審査は厳しい?

困った時に便利なカードローンはいつでも気軽に利用できるため、ついつい色々なところから借入をしてしまいがちで、気づいたら利息の返済だけ一杯一杯などということもあり得ます。 色々なところから借入があって首が回らない状態だと、精神的にもとても苦しくなってしまってどうすればいいかわからない場合も多いです。 もしそういった多重債務で悩んでいる場合は「おまとめローン」というものを利用することで、非常に返済が楽になるのでおすすめです。 今回はそんな「おまとめローン」の詳細や審査のポイントなどについてご紹介したいと思います。

おまとめローンとは?

おまとめローンとはずばり、複数の借入を一本化して一箇所にまとめるためのローンになります。 正確にはいくつか種類があって方法が若干異なるのですが、目的は複数の借入を1つにまとめるということで同じになります。

おまとめローンのメリット

まずは先程の例でもあげたように、1つにまとめることで毎月の返済額が減って余裕ができやすいことです。 借入先が多いほど毎月の返済額は膨れ上がり、収入に対して返済額が多くなってしまってそれを補うために新しい借入先から融資を受けたりなどといった悪循環に陥ってしまうケースが多いです。 そういった場合におまとめローンを使うことで返済額を抑えることができ、新たに借り入れる必要がなくなるというわけです。

また借入先を金利が安いところに借り換えることになるため、利息を含めた返済総額が減る場合もあります。一般的に一社から多く借りるほど利率は低くなっていくこともあって利息は複数に同額返すよりも低くなりやすいです。

更に借入先をまとめることによって、収支の管理がしやすくなるので返済計画も立てやすくなり、生活を安定させやすいです。

おまとめローンの審査のポイント

貸す側としてはしっかりと回収できる人にお金を貸したいので、おまとめローンでは通常の審査よりも厳しかったり複雑だったりする場合も多いです。 その基準となってくるのが以下の4点です。

『毎月安定した収入があること』 毎月安定した収入があれば、貸す側は返済に信頼がおけるため非常に大切な項目になります。数ヶ月に一度収入があるような場合よりも毎月均等に安定した収入があるほうが審査には通りやすいです。

『勤続年数が長いこと』 例え安定した収入があったとしても止めてしまえば給料は入ってこないので、できるだけ長く勤めている人の方が信頼しやすいこともあり勤続年数も重視されやすいです。

『過去の返済で遅れがないこと』 貸す側と借りる側の信頼関係においてとても重要なことです。半年近く延滞してしまったりや踏み倒したような履歴がある人には貸す側も躊躇してしまいます。

『他社の借入が少ない』 他社の借入が多い人はそれだけ資金繰りが苦手というふうに見られてしまうため、貸す側はもしかしたら回収できないかもしれないと不安になります。

貸す側の気持ちになると見えてくる審査基準

審査に通るコツは貸す側の気持ちになって考えるということだったりします。

返せない人に貸してしまったらお互いにいいことがなくなってしまいますし、そういった状況を避けるために色々な条件を提示しているわけです。

また、おまとめローンにはいくつかデメリットもあります。

まずは前述の通り、審査は最初にカードローンなどを利用する際のものよりは厳しくなりがちです。 これはおまとめローンという性質上、返済能力の有無について詳しく知った上で判断することになるためです。

またおまとめローンとしてローンを一つに組み直す際は、他社に払った利息については考慮されないため、特にもともと高額の融資を受けていた場合などは元々1社から借りるよりも利息が多くなってしまいます。

おまとめ専用のローンの場合ですと、追加で借入ができない場合も多いです。「まとめるにあたって生活が苦しいから少し余裕をもって多めに借りておきたい」といったことはできません。あくまで複数の借入を一つにまとめるのが目的のローンになります。

そして貸す側の目的でもあるおまとめローンの1番のデメリットが、借りる期間が長くなることにあります。毎月の返済額自体は抑えることができますが完済までにかかる時間は長くなるので利息も多くかかってしまうこともあります。

これらを知った上で、それでも現状厳しくて改善をしたい場合におまとめローンを利用することで、初めておまとめローンがメリットになり得るわけです。

まとめ

おまとめローンは複数の借入を1つにまとめるローンで毎月の返済が減るため、返済先が多くて収支のバランスが崩れてしまった人などにはとても重宝するローンです。

審査に通るためには、

  • 毎月安定した収入がある
  • 勤続年数が長い
  • 過去の返済で遅れなどもない
  • 他社の借入が少ない

といったことが基準になっています。

貸す側からこの人はおまとめローンでまとめてもしっかりと返済していけると判断されることが必要になります。

また、まとめたからもう安心ということではなく、もし利用する場合はデメリットを知った上で熟考してから申し込みをして、しっかりと返済していくことが大切です。

オススメのおまとめローン

それではここで、オススメのおまとめローンについてご紹介します。どれもネットから申し込めて来店不要なのが特徴です。

限度額 最大1,000万円! 預金連動で計画的な返済が可能に!
東京スター銀行の「おまとめローン」は金利 12.5% と業界最大級の融資限度額 最高 1,000万円が魅力。おまとめ専門のローンだから安心して相談ができます。「おまとめ」で返済額が減れば(※1)お金に余裕が生まれます。また、預金連動で預金と同額のローン残高に金利がかかりません。いざというときの為ある程度貯金は残しておきたいもの。預金連動は預金が返済と同じ効果が得られます。手続きはネットで簡単!来店不要!
※1 必ずしも軽減されない場合があります。
直近、複数社でローンをお申込頂いた方は、審査に通りづらくなります。
フリーローンからビジネスローンまで多様!
「ご融資どっとこむ」には、フリーローンの他、借換ローン、おまとめローン、不動産担保ローン、事業者向けローン、住宅ローン、レディースローンと、多彩なローン商品があります。どのプランがいいのか、こんな理由で借りられる?といった相談レベルからでもまずは相談できます。特に、おまとめローン、借りかえローン、事業者ローンは、大手消費者金融と比べても得意としているようです。金利は、15.0%〜20.0%ですが、おまとめ・借り換えローンなら、7.3%〜15.0%と低い金利になります。最大融資額も500万円。これなら他社から借り換えのメリットも十分ありますね。申込みはパソコン・スマホからなので全国対応です。振り込み融資にも対応しています。
貸金業法に基づくおまとめローンで完済しよう!
  • 借換え専用ローンです
  • 消費者金融に複数ローンを借りている方に
  • 年収の1/3を超える借入がある方に
  • 毎月の返済が低減!金利の負担が軽減!
  • 返済日は毎月1回
  • 日本全国対応!来店不要でスマホから申し込み可!
  • 実質年率 7.3% ~ 15.0%
  • 最大融資額 2000万円
* 借換えの対象となる債務は、「貸金業者(みなし貸金業者を含む)」からの借入債務に限ります(銀行、クレジットカードのショッピング等は対象外)。

サンクスダイレクト

本気で完済を目指すなら貸金業法に基づくおまとめローン
サンクスダイレクトは金融庁登録の正式な貸金業者。だから、「貸金業法に基づくおまとめローン」を利用できます。貸金業法に基づくおまとめローンは、他の消費者金融で借りている借金を借りかえて1社で返済する方式で、その間追加の融資は受けられません。他社への返済も代理で行われるのでうっかり使ってしまう心配もありません。だから、本気で完済を目指すには最適なおまとめローンです。自分は目の前にお金があると使ってしまうという心の弱い人には最適です。金利は 15%〜18%(不動産担保なら4.5%〜12%)最大融資額 300万円、申込みはスマホからOK、来店不要なのでどこにいても融資を受けられます。

キャッシングエニー

貸金業法に基づくおまとめローンで完済を!
キャッシングエニーのおまとめローンは、「貸金業法に基づくおまとめローン」。他の消費者金融で何社からも借りている人は、一本化して金利も下げてもらいましょう。また、フリーローンとは違い、おまとめローンの金利は 5.0%〜15.0%の安心金利。最大融資額も500万円と頼れる内容です。また、おまとめローンの場合、年収の1/3以上でもOKです。もちろん担保・保証人は不要。申込みはパソコン、スマホから。全国対応です!

プロミス

おまとめローンはオペレータに相談
プロミスのおまとめローンを申し込むには、WEBから通常のカードローンを申込後、折り返しかかってくる電話でおまとめ希望と伝えてください。プロミスのおまとめローンは貸金業法に基づくおまとめローンという返済専用で追加借入ができないローンです。だから、本気で債務ゼロを目指す方のみが対象です!もし他社借り入れを合算しても年収の6分の1に満たないという程度であれば、普通のカードローンを使って他社に一気に返済してしまうのが一番早いでしょう。プロミスは最短1時間融資も可能なのでお急ぎでも安心です(※1)。それに30日間無利息サービス(※2)で利息負担も少しでも軽減できます。夜間土日祝日でも、WEB申込後に無人契約機や三井住友銀行のローン契約機に行けばカード受取りができその後すぐに借りられます。また、女性で申し込むのがちょっと怖いという人は、プロミスレディース がオススメです。オペレーターが全て女性です。

※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

SMBCモビット

金利が低く限度額も高い!おまとめにも便利!
モビットに「おまとめローン」という商品はありませんが、消費者金融の中では比較的金利が低く限度額も高い(実質年率 3.0%~18.0%、最大限度額 800万円)のが特徴。そのため、条件によってはおまとめローンとしても使えます。また、WEB完結申込なら電話連絡や郵送物もない(*1)ので誰にも知られたくない人には好都合です。即日振込(*2)も可能!10秒簡易審査は、少ない入力項目で事前審査の結果が10秒で表示されます!

*1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
*2 即日振込融資は、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。

アコム

融資限度額が最高800万でおまとめにも使える!
アコムは、比較的金利が低く(3.0%~18.0%)融資額も最高800万円と高め。最短1時間で融資実行(※1)なので急いでる時も便利。更に、クレジットカード一体型カードも発行できる!借りずにそのままショッピングで使える便利さ。

※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXで契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)しアコムがそれを確認した場合。また、借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

ページの先頭へ