おまとめローンによって毎月の返済額を減らしたり、総支払額を減らすことができることは理解できたと思います。今度は逆におまとめローンのデメリットも理解しておきましょう。

おまとめローンのデメリットは、借り換えたら総返済額が増えてしまうことがあるということです。

おまとめローンを組むときに契約手数料も必要になります。契約手数料は金融機関によって定額だったり借入額の○%といろいろです。この手数料は結構バカにならないので、手数料も足し算したら総返済額が増えてしまったということがあります。これは本末転倒です。しかし、借り換えることばかりに目が行ってしまい、手数料のことを忘れてしまう人も多いようです。お金の計算は冷静にやりましょう。

また、毎月の返済額を減らすために返済期間を延びた結果、(金利は下がっても)総返済額は増えてしったということもあります。しかし、毎月の返済がきつい人は延滞するよりは総支払額が増えた方がましと考えましょう。なぜなら、延滞はその後の融資にも影響するからです。延滞しないで完済する方がその人の返済能力が高く評価されます。

おまとめローンのメリット、デメリットを理解すれば自分に合った返済計画が立てられるはずです。金融機関の担当者の前で前向きな返済計画をアピールできればかなり印象が良いでしょう。